「オゾン層の必要性」の記事一覧

オゾン層保護の取り組みが進んでいる

フロンガスのオゾン層破壊が判明してからは、国際的な批判が強くなり、オゾン層保護のための条約が制定されたりなど、さまざまな対策が講じられてきました。 そして1987年には、オゾン層を破壊する可能性のある物質の生産と消費を規・・・

オゾン層は今なお減少している

オゾン層は、飛行機や気球によって大気を採取し、そのエリアのオゾンを測定する「直接測定」と、オゾン分子の光の散乱などを測定して濃度を求める「関節測定」によって分析されています。かつては観測所がバラバラで正確なデータが取りに・・・

オゾン層が人体におよぼす悪影響

オゾン層が薄くなると、太陽光の紫外線を防ぐことができなくなり、地上に降り注ぐ紫外線量が多くなります。オゾン層が1%薄くなると、地上に届く有害紫外線量は1.5%増えるとされています。 有害紫外線が増えると、人体にさまざまな・・・

南極以外でもオゾン破壊現象は起こる

Pinatubo

北極も気温が低いので、オゾンホールができそうですが、実際にはそうでもありません。その理由は、北半球が南半球に比べて海、陸、山の分布が不均一で、対流圏や成層圏の気流が乱れるためです。したがって、オゾン層のあたりの大気が混ざ・・・

オゾンホールが現れる要因

ozonehole

オゾンホールとは、南極エリアの高度10~25キロメートルの成層圏のオゾン層が穴上の形で非常に薄くなっていることを指します。時期的には、南半球の春(9月から11月くらいまで)です。 1984年に気象研究所が南極エリアのオゾ・・・

オゾン層破壊のメカニズム

air

1974年、米国カリフォルニア大学(現マサチューセッツ工科大学)の研究発表によって、成層圏(高度およそ40キロメートル)のあたりでオゾン層の破壊がおこっていると指摘されました。原因はフロンガスです。 地球を覆うように存在・・・

オゾン層ってなんだ?

earth

オゾンは酸素原子三個(O3)から構成される、酸化力が強くて不安定な分子となります。光化学スモッグもオゾンの影響が強く、浴びてしまうと目に違和感を感じたりしますが、これはオゾンの酸化力によって粘膜が強く刺激されるためです。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ